ペットの病気と健康管理について解説してゆきます。楽しいペットライフを送りましょうね^^♪

インフォメーション

ペットの病気と健康管理について解説してゆきます。楽しいペットライフを送りましょうね^^♪

ペットの病気と健康管理

犬の健康管理をする

実は犬はとても我慢強い動物で、本当は調子が悪いのに、元気に振る舞ったりすることがあります。

飼い主が気付いたときにはすでに手遅れの場合だって少なくはないのです。

さて、そういう事態にならないように、どうすればよいか?

これは、日頃からの健康管理が必要となってきます。

飼い主は、可愛い愛犬のために出来る限りことをすべきだと思います。

まずは、予防接種を受けましょう。

狂犬病は義務ですが、信頼できる動物病院を探して、地域にあった混合ワクチンの予防接種を受けます。

フィラリアやノミ・ダニの予防も行います。

年に1回はフィラリアの検査と一緒に、血液検査を含む健康診断を受けるといいと思います。

次に食生活を考えます。

愛犬に適したドッグフードを与えます。

できれば無添加の物が良いかと思います。

ドッグフードの保管状態も守りましょう。

毎日食べた量を必ずチェックしましょう。

急に食事量が減るのは何か理由があるはずです。

適度な運動(散歩)をさせます。

運動をさせないとストレスが溜まってしまいます。

肥満防止にも役立ちます。

毎日スキンシップを兼ねてボディーチェックをします。

被毛の状態や皮膚の状態、眼、耳、鼻、口、お尻などをチェックします。

時々は体重も量ります。

日頃の尿や便の状態も確認しておきましょう。

こういった健康管理をしていくことで、愛犬の日頃の状態を把握しやすくなります。

病気の早期発見にも繋がるでしょうから、ぜひ健康管理を定期的に行なってゆきましょうね^^

犬のかかる病気って?

犬のかかる病気は、当たり前ですが人間同様いろいろあります。

犬の病気として有名な狂犬病・アデノウイルス・レストスピラ・パルボウイルス・フィラリア・ジステンバー・コロナウイルス・パラインフルエンザなどは予防接種や予防薬で未然に防ぐことが可能です。

その他、犬がかかりやすい病気をあげてみたいと思います。

表皮(皮膚炎・アレルギー)、生殖器(子宮蓄膿症・乳腺炎・乳ガン)、耳(外耳炎)、眼(結膜炎)、消化器(急性下痢症・急性胃炎)、呼吸器(気管支炎)、泌尿器(膀胱炎・肛門嚢炎)、歯(歯周病)、寄生虫(フィラリア症・ダニ感染症)、骨格系(脱臼・骨折)など。

他にもいろいろありますが、特によくかかりやすい病気をあげてみました。

昔は犬の死亡原因の一つとしてフィラリア症が有名でしたが、今は予防薬のお陰ですっかり減ってきています。
しかし、完全になくなったわけではありません。

ちなみにかかりやすい病気の1位は癌、2位は心臓病、3位は腎臓病になっています。

これらは食生活にも大いに関連があると言われています。

死因については、1位が癌、2位が事故死、3位が感染症になっています。

特に、癌の中でも乳癌は圧倒的に発生率が高く、癌の2分の1を占めると言われています。

これらの病気を予防する、もしくは軽症で済ませるには、飼い主の愛犬への日頃の健康管理が必要になってきます。

愛犬の健康状態は毎日チェックするようにしましょうね^^

猫の健康管理をする

猫の健康管理を行うことは、愛猫の病気のサインを見逃さないきわめて大切なことです。

それでは愛猫を病気から守るためにどういった健康管理が必要なのでしょうか?

まず、大事なのは子猫の時から信頼できる動物病院を見つけておくことですね。

時々は健康診断を兼ねて、診察を受けたほうがいいです。

ワクチンを接種するのも病気の予防に繋がります。

乳腺腫瘍や乳ガン、子宮蓄膿症などには避妊手術がとても有効になってきます。

今後のこともよく考え、繁殖を望まないのであれば、出来るだけ避妊手術を受ける方がいいですね。

食生活のことも考えましょう。

質の良い保存料無添加、無着色のキャットフードが望ましいと思いますが、好みもありますから、愛猫に合ったキャットフードを探しましょう。

太らせすぎないようにカロリーの調整も必要です。

毎日摂取量をチェックします。

調子が悪いと食欲が落ちるときがほとんどです。

愛猫がフードを食べないなら、何か原因があると考えた方が無難です。

時々はシャンプー、ブラッシングもして衛生的に保ちます。

そして、日頃からボディーチェックを欠かさないことが大事です。

眼、耳、口、皮膚、お尻、足、肉球などをスキンシップも兼ねて、こまめにチェックしましょう。

便や尿のチェックも忘れずに。量や色、回数などを毎日チェックしておきましょうね^^
こうした日頃の健康管理が、愛猫を病気から守ります。

早期発見ができれば、大抵の病気は恐くはありませんから、ぜひ猫の健康管理に努めていってください^^

猫のかかる病気って?

犬のワクチンは行っている飼い主が多いと思います。

それでは猫はどうでしょうか?

猫にも3~7種のワクチンがあり、かかりやすい一部の伝染病を予防することができますよ。

猫ウイルス性鼻気管支炎、猫カリシウイルス、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス、クラミジアなどはワクチンで予防が可能です。

猫の飼い主もこういったワクチンを愛猫に接種しています。

接種したからといって決してかからないわけではないですが、万が一かかっても軽症で済むことが多いです。

その他、猫がかかりやすい病気をご紹介します。

眼(角膜炎、結膜炎)、歯(歯周病、口内炎)、消化器(胃腸炎、毛玉症)、耳(外耳炎)、皮膚(皮膚炎、スタッドテイル、アレルギー)、生殖器(乳腺腫瘍、子宮蓄膿症)、泌尿器(尿崩症、泌尿器症候群、腎不全)、内分泌(糖尿病、甲状腺機能亢進症)、感染症(トキソプラズマ、クリプトコッカス、ヘモバトルネラ、猫エイズ、ウイルス性呼吸器感染症、猫伝染性腹膜炎)などがあげられます。

ちなみに猫がかかりやすい病気の1位は癌です。

2位は腎臓病、3位は心臓病となっています。

猫の死亡原因として、とあるペット保険会社の発表によると、1位は感染症、2位は事故死、3位が泌尿器疾患となっています。

しかし、別な視点から見ると、実際の死因は腎不全が多いということを聞きました。

病気を早期発見することで、死亡に至るまでもなく、軽症で済ませることができます。

日頃の健康管理はとても大切です。

TOPPAGE  TOP 
サイトマップ feed